容器再検査とは?

高圧ガス容器は一定期間内に耐圧他、再検査を受けることが義務づけられています。工業用高圧ガス容器だけでなく、個人で所有するスクーバーダイビングのタンク等も含まれます。
容器再検査Q&A

Q.再検査期間はどれくらい?

A.容器の製造年月日により異なります。
500リットル未満シームレス容器の場合、1989年3月31日以前に製造された容器は3年ごとに。
1989年4月1日以降、1998年3月31日までの容器は初回のみ3年。
2回目以降は5年毎の再検査が必要です。
FRP容器の場合は製造年月日に関わらず3年毎の再検査が必要です。

Q.スキューバ用タンクも検査が必要?

A.必要です。
スキューバ用アルミ容器の場合、1年毎の目視検査と3年〜5年(製造年により異なります)の容器再検査が必要です。

Q.容器のどこを見れば再検査日がわかりますか?

A.高圧ガス容器には必ず再検査日を行った規定の刻印または印字があります。
ただ、容器製造メーカーにより再検査日の刻印位置、表示方法が異なる場合もあります。わかりにくい場合はどうぞ弊社までお問い合わせください。


容器再検査行程とは?

事業内容